第14回ファミリーホーム全国研究大会 in 岡山

岡山大会
2019年のファミリーホーム全国研究大会は、8月7日(水)〜8日(木)に、岡山市で開催されます。
スローガンは、「ファミリーホームの新たな展開を目指して」~原点回帰~ です。
主催

 

日本ファミリーホーム協議会

日本ファミリーホーム協議会中四国ブロック大会実行委員会

大会プログラム
​資料・ご案内

大会要項

参加申し込み用紙

※閲覧にはAdobe ReaderなどのPDF閲覧ソフトが必要です。

基調講演

演題「子どもの生きる力について」仮題

講演者 

川崎医療福祉大学医療福祉学部子ども医療福祉学科

講師 重松 孝治 氏

分科会

◎第1分科会 【テーマ】「養育に良い環境について見つめなおそう」

 ファミリーホームを志した意味を振り返りながら、子どもとの暮らしの中にある養育ベース「食 べること」「感じること」「思いあうこと」等において、子どもが成長していく基底には何が必 要なのだろうかについて、いろんな取り組みの実践を参考に語り合い深めていく分科会としたい。

発表者 ① : 九州ブロック

発表者 ② : 四国ブロック

 

◎第2分科会 【テーマ】「『ちょっと困っています』をみんなで考えよう!」

 ファミリーホーム運営において、子どもの養育を中心に行う中での、ホーム内の大人の連携や スキルアップの方法、他機関との連携等のさまざまな困りごとが解決されないままに日常を追 われている今日について、いろんな取り組みによる実践を参考にし、よりよい方向性を見出す ために、語り合う分科会としたい。

発表者 ① : 中国ブロック

発表者 ② : 近畿ブロック

 

◎第3分科会 【テーマ】 「これからのファミリーホームの新たな展開について」  ファミリーホームのこれまでを振り返り、新たな社会的養護の枠組みの中からこれからのファミリ ーホームについて検討し考える分科会とする。

『論点』

①制度改革による新たなファミリーホームの方向性

発表者:日本ファミリーホーム協議会

②フォスタリング機関 (里親養育包括支援機関)との連携について

発表者:社会福祉法人鳥取子ども学園 里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦  氏