最新情報

「社会的養護とファミリーホーム Vol.9」

「社会的養護とファミリーホーム」のVol.9が、創英社より発売となります。 「社会的養護とファミリーホーム Vol.9」 巻頭寄稿 発達障害の子どもたち 北川聡子 特別企画 『発達障害』のある子どもの養育 テーマ1 医学的見地から発達障害を正しく理解する 医学的観点から見た発達障害 菅原圭悟 テーマ2「生きづらさ」という枷(かせ) ― 発達障害を考える 若狭一廣 テーマ3 子どもの発達と言う視点からケアを考える ~愛着と発達に課題のある子どもへの児童心理治療施設としての関わり~ 伊藤由貴 他 テーマ4 現場の実践 子どもと日常生活 竹内 透 テーマ5座談会 発達障害のある子ども達の教育と自立について考える 本誌編集委員 第 13 回ファミリーホーム協議会全国研究大会 報告 第 13 回ファミリーホーム全国研究大会 in 宮城仙台 絆 ~未来へつなぐ命~ 基調講演 「新しい社会的養育ビジョンとファミリーホーム~これからの社会的養育」上鹿渡和宏 第1分科会 子どもの性の問題について 司会者 藤原寛昌/講師 桑名佳代子/発表者 須藤九二子・草野恵子・鈴木茂好 第2分科会 子どもの自立支援について 司会 武田和浩/講師 中山崇志 第3分科会 障害を抱える子どもたちのケアについて 司会者 梅村あさみ/講師 北川聡子/助言者 片桐弥生/発表者 月折靖子・米谷正子・ 宮本昇 第4分科会 いまさら聞けない!? ホーム運営の素朴な疑問 助言者 卜藏康之・伊藤貴啓/提案者 佐藤大介・高木美幸 第5分科会 フォスタリングチェンジ・プログラム研修 司会 近藤美鈴/講師 上鹿渡和宏/発表者 木村麻

「社会的養護とファミリーホーム Vol.8」

「社会的養護とファミリーホーム」のVol.8が、創英社より発売となります。 「社会的養護とファミリーホーム Vol.8」 中扉 理想の家庭養護とは 廣瀬タカ子 ひろせホーム 目次 巻頭寄稿 里親から見た公私の問題 青葉紘宇 東京養育家族の会 理事長 特別企画1 ガラスの家庭養護 ~公と私の狭間で 1.ガラスの家庭養護―「公」と「私」の狭間で 若狭一廣 本誌編集長 2.げんこつ一発で10年の絆を断つのか ~被措置児童等虐待対応の現状と課題~ 大山典宏 立教大学コミュニティ福祉学部博士後期課程・自治体職員 3.家庭養護におけるアタッチメントの理解とその課題 御園生直美 臨床心理士 博士(心理学) 4.座談会 子ども達にとって真の家庭とは 本誌編集委員 川名はつ子 早稲田大学 人間科学学術院 教授 佐賀豪 くれたけ法律事務所 弁護士 前川知洋 ファミリーホーム協議会 専務理事 若狭一廣 本誌編集長 特別企画 2 新ビジョンよどこへ行く~新しい社会的養育ビジョン」に関する評論~ 伊藤龍仁 本誌編集委員 愛知東邦大学 教育学部子ども発達学科 准教授 第12回ファミリーホーム全国研究大会 in OSAKA 報告 第12回ファミリーホーム全国研究大会 in OSAKA DREAMS COME TRUE~みんなで描こう未来予想図~ 開 催 日 2017年8月4日(金)・5日(土) 会 場 ホテル阪急エキスポパーク シンポジウム ファミリーホームと自立支援 シンポジスト 河尻恵 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課 古川健一 大阪府福祉部子ども室家庭支援課 津崎哲雄 大阪府立大学名誉

2019年度定時総会のご案内

2019年度の定時総会を、5月20日(月)13:00〜16:00にかけて、日本財団の大会議室にて行います。 詳細はこちら(PDF)。

         過去の記事
                  最近の記事
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • %252525E5%2525258F%2525258B%252525E9%252

プライバシーポリシー | 利用規約 | お問い合わせ 

© 日本ファミリーホーム協議会